手を洗うときほとんどの場合は、石けんを使いません。これは非接触研究会でモニターをやっていたときからの習慣です。

今日はあらためて、なぜ石けんを使わないのかについて♪



「常在菌について」
皮膚には常在菌(表皮ブドウ球菌・アクネ菌)が住んでいて皮膚表面を弱酸性にして、肌を守ってくれています

常在菌のライバル悪性菌は(黄色ブドウ球菌など)、アルカリ性を好み繁殖をします。

つまり肌が弱酸性なら悪性の菌が繁殖しないわけです。


美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

「石けんをつかうと」
悪性の菌だけじゃなく常在菌まで殺してしまいます。

せっかくお肌を守る存在を自ら消してしまうのが、石けんで手を洗うということです。

「体は何もつけないことを限定にできている」
健康な肌は悪性の菌を追い出す力をもっていて、殺菌や消毒の必要がないそうです。

傷を消毒しないというのも、これと同じ考えです。

とは言っても手を洗わないのはさすがに気持ち悪いですし、手についた抗菌剤や柔軟剤などがそのままの状態に。

そこでペーパータオルで洗うというわけです。

「ペーパータオルを使う手洗い」

水を流しながら、手のひら、手の甲をペーパーでぬぐいながら丁寧にあらいます。
しっかりこすりつけるようにして洗うのがコツです。

ペーパータオルは無漂白のものがおすすめです。
私が使っているのはエリエールのものです。丈夫で水に濡らしてもやぶけることがありません
とは言っても、刺激性の物質が付着しているので、再利用はNGです。

image-19 のコピー


半分に切って、無印アクリルケースにイン。私は大きいものを1枚使うより、小さいのを2枚使う方が洗いやすいです。
切るのはちょっと面倒ですが、洗面所がスッキリするので、頑張ってチョキチョキします。

私は石けんを使わなくなってから、冬になると毎年起きていて手荒れがなくなりました。
今にして思うと抗菌成分の入った石けんやハンドソープで、常在菌を除去しちゃっていたんでしょうねぇ・・・。

ただし必要に応じて石けんを使うことはありますよ。
魚をさばいたとか、いろいろですが、匂いはペーパータオルでは取れないもので。
石けんで洗ったあと、もう一度ペーパータオルで洗います。

あれもだめこれもダメじゃなく、石けんも時々取り入れるって感じのスタンスでやっています。

肌荒れがなかなか治らない、手がいつもあれている、もしかすると石けんで常在菌が無くなっているのかも・・・。
石けんを使う回数を減らしてみるといいかもしれませんよ♪


美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 タグ
None