今日は湯シャン生活にあると便利なものをご紹介しますね。
湯シャンは慣れてしまうと簡単に出来るようになりますし、シャンプーをするよりずっと楽チンですし、お金もかかりませんし、美肌へ近づくこともできます。

慣れてしまうまでの辛抱です!
その辛抱も、ちょっとの工夫次第。道具次第でかなり楽になりますよ。



【布手ぶくろ】

髪の毛の汚れを手袋でぬぐう感じであらいます。
頭皮から毛先にかけて、しごくイメージで。

慣れてくると手ぶくろが無くても洗えるようになりますが、よりスッキリしたいときにあると便利ですよ。



これは非接触研究会のお買い物サイト「サウンドスタイル」で購入したものです。
手ぶくろ自体に、いろんな加工がされていないので、安心して使うことができます。

市販の手袋は、柔軟剤その他もろもろが使われている場合があります。
使う前に最低でも、二回はトップクリアリキッドで洗いましょう。

なぜトップクリアリキッドがいいのかは → この記事を読んでみてね

続きはブラシ類のご紹介です

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
湯シャンに欠かせない、ブラシブラシのクリーナーです。



右は平野ブラシのブラシ。毛は猪。
湯シャン生活を始める前に買ったものです。

いままで何度か紹介していますが、改めてブラシ選びのコツを語らせてください(笑)。

【ブラシ選びのコツ】
【消耗品と考えましょう】
湯シャン前に汚れを落とすのが大切な役目。ブラシに付着した汚れが刺激物質となるため、都度汚れを落とす必要があります。

使う度にペーパータオルで汚れをぬぐい、クリーナーで髪の毛やホコリをとります。

さらに時々洗うことも必要です。
そのため一生もの!なんてブラシは必要ありません(私は平野ブラシのおじさんの口上に乗せられてかなり高いのを買っちゃいました・・・)。

洗うこと前提なので、柄は天然木じゃないほうが劣化しにくい。

【髪の毛の量で、ブラシの毛を選ぶ】
毛は天然の獣毛を使いましょう。
毛の多い人硬い人・・・猪の毛
量の少ない柔らかい髪の人・・・豚毛 


シャンプー専用のプラ素材ブラシなどは、ブラシの毛がよごれを吸着してくれません。

さらに抗菌剤が使われていることも多いため、頭皮を傷めてしまうこともあります。

真ん中のクリーナーは、平野ブラシさんのブラシクリーナーです。
でもこれは毛が柔らかいので、ホコリやよごれを取るのにはちょっと頼りないのです。

ブラシを洗うときに洗剤を付けて、ブラシの根元をワシワシと洗うのには最適です。

左は最強のブラシクリーナー。
これも「サウンドスタイル」さんで買いました。 
しっかりと絡まった毛やホコリを取ることができますよ。 力を入れすぎてちょっと先が曲がってます(笑)。

【ブラシは何で洗うの?】
天然の毛ですから、中性洗剤が一番適しています。
とは言っても市販の中性洗剤は、柔軟剤やシリコンが含まれています。

これらが含まれていないサウンドスタイルの中性洗剤か、小麦粉シャンプーで洗うのも良いですよ。

中性洗剤(おしゃれ着洗剤)について過去に書いた記事です


小麦粉シャンプーの作りかたもご紹介しています。



ペーパータオルは半分にカットして使いやすくしています。
無印良品のアクリルのティッシュペーパーケースがピッタリ♪

湯シャンに関してはたくさん記事にしています。
ぜひ「カテゴリー・湯シャン」を読んでみてください。

分からないこととか、不安なことなどありましたら何でも質問してくださいねー。


美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None