小麦粉シャンプーを検索して知った、湯シャン。
湯シャンを推奨しているサイトに、肌トラブルの原因は接触をすることだとあります。
肌の弱い人がなんらかの刺激性物質に接触するとトラブルに。
この刺激性物質とは化粧品や洗剤、衣類の繊維、抗菌剤などもそうらしいのです。
それまで肌が弱いと思ったことが無かったけど、フェイスラインにニキビが出る、頭皮に湿疹がある、他チェックシートすべて私に当てはまったのです。
私って肌弱かったの? 初めて気づきました(笑)。

下がそのサイトです。
非接触療法研究会
私がこのサイトをしったころ、モニターというのを募集していました。
(現在は新規モニターは募集していないようです)
モニターをするに当たっては、湯シャンを実践しているかなどの条件がありましたが、クリアできそうだったので、早速申し込んでみました。



スッピンで顔の写真を送るのですが、頬のシミは肉眼で見る以上に濃く見えました(笑)。

肌に一次性物質を接触させないお約束が8つほどあるのですが、
シャンプーリンスはしない。
髪、体、手は湯または水で洗う。
指定の洗剤を使う(スーパーで売っているトップクリアリキッド)
などの他に、

メイクは湯で洗い流せる程度にする、というものもあります。
モニターの間はメイクはほとんどしなかったですね。
そして、夜だけこちらで研究されているASVCという活性保持型ビタミンCのパックを使います。
パックと言ってもクリーム状のもので、塗って3分程度置いて洗い流すだけです。
皮膚科でもASVCを使っているところは、増えてきているようです。
出来るだけ8つのお約束を守って、ASVCのパックを続けただけで、驚くことに、シミがいつのまにか薄くなっていったのです。
毎日見ているので自分では気づきにくいのですが、モニターの間は写真を定期的に送るので、前回より薄くなってる!!
これはモチベーションがあがりましたね〜。

非接触療法研究会のサイはいろいろ勉強になりますよ。
肌にとって良いと思って私がやっていたことが逆効果になっていたことも多かったと知りました・・・。

ASVCは今も毎日使っています。
驚くことに飽きっぽい私が、このシンプルスキンケアはもうず〜っと続けているのです。
湯シャンと共に、4年以上。 これはスゴいことなんです。
ほんとうに飽きやすいので(笑)。


にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村