皆さん食べものにアレルギーはありませんか?
そして食物アレルギーには二種類があるってご存知でしょうか。
「即時型食物アレルギー」「遅延型食物アレルギー」の二種で、急性と慢性という分け方をしている場合もありますが、急性と慢性というと分かりやすいかもしれません。

これまでアレルギーと言うと、即時型のものが一般的でしたが、遅延型にも注意が必要です。

桜沢エリカさんも遅延型アレルギーがあったそうです。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
「即時型食物アレルギーとは」
IgE抗体をつくりアレルギーを起こす。
短時間で反応。
卵、小麦、そばなど特定の食品でおこる。
じんましんが出て、呼吸が浅くなり、最悪の場合は命にかかわる場合ある。

「遅延型食物アレルギーとは」
IgG抗体をつくりアレルギーを起こす
数時間から、1日〜2日で反応
原因食物が特定されにくい

「食物アレルギーってなんで起こるの?」
消化されていないタンパク質が腸から吸収されるとき、「異物」と判断して起こる症状がアレルギーです。

その原因は、「腸内細菌のバランスが乱れている」もっと詳しくいうと、腸の粘膜が薄くなっていて、消化されていない食べものを通してしまうからなのです。

「遅延型アレルギーの症状とは」
腹痛、消化不良、腹部膨満感、下痢
湿疹、ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましん
口内炎、むくみ、微熱
倦怠感、脱力感、集中力低下
頭痛、めまい、耳鳴り
筋肉痛、関節痛
うつ、情緒不安定

アレルギーとは無関係に感じるものも多くあります。

「遅延型アレルギーの反応がおこると」
ひとつのアレルギー反応が起きると、腸粘膜がさらに薄く弱くなり、次から次へとアレルギー症状のスパイラルになります。

遅延型の特徴は、症状のおこる場所があちこち変わること。
ずっと同じ箇所に症状が出ないので、アレルギーと気づきにくいのです。

ずっと食べているものが、じつはアレルギーを引き起こしていた・・・なんてことはよくあるようです。

「遅延型アレルギーの治療法」
遅延型アレルギーは、血液検査で調べることができます。

原因となる食べものがわかったら、三か月ほどその食品を食べないようにします。
IgG抗体は21目から消え、ほとんどアレルギーが起こらなくなります。

その後は少しずつ回復の様子を見ながら、3日から4日に一度食べるようにして体を慣らしていきますが、強い粘膜をつくり、腸内環境を整えていくとアレルギーが起こらなくなることは多いようです。

腸内環境を整えるには、乳酸菌と食物繊維を積極的にとることも必要です。

オリゴ糖には乳酸菌の働きを強くする力があります。
ぜひ一緒に食べたいものです。

おすすめのオリゴ糖はこれです。お試しは100円ですよ〜♪
  ↓ ↓ ↓
ほかと全然違うスゴいオリゴ糖



美と健康情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 タグ
None