このエントリーをはてなブックマークに追加

湯シャンをしていることをブログで公言している私ですが、「実は私もやっています」という人からのコメントが少しずつ増えてきてとってもうれしいです♪


中には自分もやってみたいけど、いろいろ不安点があって実行に移せない人も多いようす。
今日は湯シャンの不安点と、その改善策をお話してみたいと思います。

湯シャン? 髪の毛痛むんじゃないの?匂うんじゃないの?
って思うかた、是非その誤解を解いてみてくださいませ〜。

お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
【湯シャンで髪がぱさぱさキシキシにならないか】

これはズバリ「湯シャンのせいではありません」
シャンプーとリンス・トリートメント類で髪の毛のタンパク質が変質しているのです。
かんたんに言うと、すでに痛んでいるのだけど、そこにトリートメントでコーティングをしているので、気づかなかっただけというわけ。
湯シャンに切り替えてコーティングをしなくなったために、痛んだ本来の髪質が出てきたというわけです。

「改善策」
・切ってしまう
 一度痛んだものはもとに戻りません。思いきって切ってしまうのが一番です。
・痛んだ部分にだけ薄くオイルとつかう
 切るのがためらわれる場合は、うす〜くオイル(ピュアなもの)を塗るようにしましょう。
・オイルの塗りかた
 手のひらにごく少量をとって両手になじませてから、揉み込むようにしてつけるのがコツ。

湯シャンにして、髪の毛を傷めることがなくなると、少しずつ艶が出てきますよ。

【湯シャンでベタベタ、匂いはしない?】

始めてすぐのころに、こう感じる人が多いのですが、洗い足りないことが主な原因です。
皮脂分泌が過剰な場合もありますが、湯シャンを続けていると皮脂分泌もととのってきます。

「改善策」
・しっかりと獣毛ブラシでブラッシング(ブラシも毎日洗いましょう)。
・ちょっとお湯の温度を高くする。
・抗菌されていない綿の手袋(軍手を使うひとも)でしっかりと汚れを吸着させながら洗う。
・洗髪後はドライヤーでしっかりと乾かす。
 
特に私が大切だと思うのは、お湯の温度とドライヤーです。この二点をしっかり抑えるとベタベタや匂いは無くなります。


【湯シャンのNG行動】

・ときどき石けんや普通のシャンプーを使う

これをやってしまう人は多いと思いますが、結局はマイナス効果です。
せっかくシャンプーをやめたことで整い出した常在菌が、またバランスを崩してしまいます。
ときどきのつもりが、においやベタつきがさらに強くなって、湯シャンに移行できなくなります。

「改善策」
・小麦粉シャンプーにしましょう。 
小麦粉シャンプーの作りかたを記事にしましたので、よかったら読んでみてくださいね♪

小麦粉シャンプーの作りかた


【湯シャン実践者が感じる髪の変化】

まず多いのが、髪の毛がやわらかくなった抜け毛が減った生え際に髪が生えてきた
髪のうねりや癖が減ってきた、という意見もよく聞きます。

わが家は私も夫も実践しているのですが、2人とも抜け毛が減りましたね〜。
お風呂場の排水口ににあまり髪の毛が溜まらないのです。
夫53歳髪は真っ黒で(これは湯シャンと関係無しですね)、量もまだたっぷりなのは湯シャン効果かも。


最初は慣れるまで大変ですが、コツを覚えたら本当に楽ですよ。
高価なシャンプー類を買っていた分お財布が楽になって、髪がツヤツヤなんて最高ですよね。
その分で好きなコスメや雑貨を買ったりできますよ〜。


お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村nk">
 カテゴリ
 タグ
None