一日の終わりに楽しむアルコール。
糖質制限中はアルコールを楽しめないの? そんなことはありません。
選びかたのコツを知っていれば、アルコールも楽しめます。




私も毎日アルコールは楽しみのひとつ(笑)。
もともとお酒が強くはないのですけど、糖質制限を意識して選ぶようになって、悪酔いをしたり翌日に残ることもまったく無くなりました。

糖質制限中の方も、お酒がちょっと弱いひと、そしてお酒で太りやすい人も、上手にアルコールとお付き合いするコツです。
じつはお酒は太りません。ただし選びかたを間違えなければですよ。

お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

「お酒はカロリーじゃなく糖質で選ぶ」
糖質の多いお酒が太る原因です。

・ 糖質の多いお酒
ビール、発泡酒、清酒、紹興酒、梅酒

清酒、紹興酒、梅酒はしっかりとした甘さがあるので糖質が多いのは理解できますが、ビールと発泡酒がじつはくせ者。
たっぷりと砂糖が使われています。

・ 糖質の少ないお酒
蒸留酒が基本です
焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジンですね。
とは言っても、フルーツジュースで割ってしまっては台無し。
無糖炭酸水や、ウーロン割りにしましょう。

ワインは醸造酒ですが、例外で糖質が低い飲みものです。
赤がもっとも糖質が低くて、白、ロゼと糖質が高くなっていきます。
ただし辛口のものを選びましょう。

糖質OFFのお酒とは?
発泡酒、日本酒に糖質ゼロのものが増えてきましたよね。
しかしこの糖質ゼロは、100ml中に含まれる糖質が0.5ミリグラム以下という規定。ゼロとは言っても少し入っているので、飲み過ぎは禁物です。


 糖類、糖質ゼロのお酒。ストロングゼロが特に好きです

「アルコールを飲むときの注意」
アルコールを飲むと、体がアルコールを代謝するためにビタミンB群が消費されます。
そのため、体と心が疲労してしまいます。
お酒を飲むと二日酔いにならなくても、疲れがぬけなかったり、なんともメンタルが不安定になることってありませんか?
実はそれはビタミンB群が消費されて、栄養不足になっているからです。

おつまみにビタミンB群を含む肉や魚を多めにとり、ビタミンBのサプリを飲んでおくとリスクを回避できますよ。

ビタミンB群サプリを上手に選んで美とメンタルの安定を手に入れるコツ
ビタミンB群が女性に必要な理由を解説

お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ







<%topentry_more>


 


効果を実感できる
 
探しに探した、理想的なサプリです。


 カテゴリ
 タグ
None