テレビに戸田奈津子さんが出ていらっしゃいました。映画の字幕翻訳や海外有名スターの来日時に通訳をされている女性ですね。
御年78歳ですが、パワフルに好奇心一杯に活動をされていらっしゃいますが、
そのお食事には圧倒されます。
ランチ時から白ワインやビールをそれは美味しそうにいただき、ラーメン、お肉といったボリューム満点ものをたっぷりといただきます。

78歳と言ったら、うちの母より年上です。
たいていこれくらいの年齢の女性は、ほんの少し食べてお腹いっぱい・・・となるのが普通ではないでしょうか。
戸田奈津子さんの食欲はそのままバイタリティに繋がっているように感じました。
真っ赤なジャケットに、フレームに赤をあしらったティアドロップ型サングラスがとってもお似合いでした。
赤いふちのティアドロップが似合う日本人女性なんて、そうそう居ませんよね。



肉食女性と言えば、笹本恒子さんという御年100歳を超えてなお元気なカメラマンの方も、お肉をよく召し上がるそうです。
夜は炭水化物を取らず、ワインを飲んでお肉を食べるんですって。
朝は体操をし、80歳までテニスもしていて、年齢をいうと仕事が来なくなると困るので、以前は年齢を伏せて仕事をしていたのだとか。
私が2年ほど前にテレビで見たときは、素敵なインテリアでコーディネイトされたマンションで一人暮しをされていました。
とても可愛らしくて、センス抜群の女性です。

私の友人でも、プルプルの美肌でいつも前向きな女性は、お肉好きが多いように感じます。

お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ


さてさて、このお肉というかタンパク質。
けっこう必要量が多いのって、ご存知でしょうか?
私はつい最近知ったんですけどね〜。

「タンパク質の必要量」
なんと「体重1キロに対して1g」が一日の必要量ですって!!
つまり50キロの人なら、50gってわけです。

なぁ〜んだ、そんな少なくて良いのか、と思ったあなた(私)!
例えば50gのお肉の全てがタンパク質じゃありません。
50gで10g程度がタンパク質、さらに調理や消化される間に半分程度になってしまうので、50gのお肉や魚でも5g程度しかタンパク質は無いというわけです。

タンパク質といっても動物性のものばかりになると食材が偏ってしまうので、肉・魚・卵のほかに、納豆、チーズ、牛乳なども万遍なく取り入れたいですね。

「タンパク質必要量食品別の目安」
肉100g、魚100g、卵1〜2個、納豆1パック、豆腐半丁、牛乳200CC、チーズ20g
これを三食に分散させて食べるとなると、結構な量になりますよね。
しっかりこれだけのタンパク質を摂っていると、お腹もいっぱいになり、スイーツを食べたいとはあまり思わなくなるようです。
スイーツが食べたいと感じるときって、必要な栄養をちゃんと摂っていないときが多いです。

タンパク質といっても、ウインナーやベーコン、そしてナゲットといった加工肉は、糖質類が多く、タンパク質はごくわずかなので注意が必要ですよ〜。

お洒落と美の情報がたくさんあります
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村