マクロを始めとする、ナチュラル系(?)の料理教室や、パン教室に通っていたころ、気づいたことがあります。

それは・・・、講師の先生達が必ず美肌だったことです!
有名なところでは、ホールフードのタカコナカムラさん、リビングフードのいとうゆきさん、野菜料理家のカノウユミコさん、他にも数名の先生達にお会いしましたが、みごとに皆さん美肌!
しかも化粧はごく薄い。

講師の先生に限らず、アシスタントの方達もみなさん美肌です。
いつしか美肌ウォッチャーのように、あちこちの先生のお肌を眺めていましたよ(笑)。

どの先生も講義で必ずと言って良いほど口にするのが、食材はもちろん調味料を吟味せよということです。

有機野菜にするのはちょっとハードルが高くても、調味料ならすぐにでも取り入れることが出来ますよね。

いろんな教室で良いものを教わってきましたので、すこしずつご紹介させていただきますね。


週末は美の情報をお見逃しなく
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
【基本の選びかた】

良い調味料の条件は
・ 原材料がシンプル
・ 添加物が入っていない
・ 昔からの製法

この三点です。
原材料は、裏のラベルで多い順に記載されていますが、聞いたことも無いようなカタカナの原材料がいくつも入っているようなものは選択肢から外しましょう。


【一か月かけて作られる粟国の塩】

原材料:海水

気に入った塩はいくつかあるのですが、中でも一番気に入っている塩は、
粟国の塩」です。

大好きな浅草のパン屋さん粉花さんは、良い素材を吟味して、愛情たっぷりに作られていますが、お塩は粟国の塩を使ってらっしゃいました。
それを見たとき「さすがだなぁ〜」と感心しました。

沖縄でサンゴ礁の海から海水をくみ上げて、風と太陽熱で10日間水分を蒸発させ、平釜で30時間薪を熱源に煮詰め、脱水と乾燥に二週間という、とても手間のかかる製法で作られています。

粒が大きめで、口に入れるとしょっぱいだけじゃなく、やわらかみを感じる優しい味です。

減塩がささやかれて長い時間が経ちますが、良いお塩はもし過分に摂ったりしても、自然にからだから排出されるそうです。
添加物の多い、短時間で作られたものは、排出されることなく体に残ってしまうため、注意が必要になるわけです。


【パワースポットで作られる醤油】

原材料:大豆、小麦、食塩、

出雲の井上醤油店で作られている「井上古式醤油」です。
実はこの醤油店の場所、知る人ぞ知る、パワースポットなんです。
日本でもっともパワーが強い場所は、皇居と言われておりますが、なんでも井上醤油店は磁場の数値か何かが皇居とほぼ同じなのだそうです。
こういった場所は、他にほとんど無いらしいですよ。

江戸時代からの蔵で、微生物とともに発酵させた醤油は、濃いめのしっかりとした味です。
このお醤油に出会ってから他のお醤油は、どうも物足りなく感じてしまうのです。
味がしっかりしているので、使う量も少なめで十分です。


ある先生は、野菜を有機無農薬にして、調味料を正しく選んだら、もう8割方食事法と美肌は完成ですよ、なんておっしゃってました。
一度に全部取り替えるのは無理でも、少しずつ変えることが出来るのが調味料ですよね。

美味しくて体に優しいですから、是非おためしください♪





週末は美の情報をお見逃しなく
  ↓  ↓ ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村